廣田がドラムレッスンを始めようと思ったきっかけ


こんにちは、廣田です。

私は音楽以外に人に教えることに興味があり、大学在学中には音楽の勉強と並行して、中高教員免許を取得するための勉強もしていましたが、様々な経験をしていく中で、「教員として学校で教える」よりも「講師として自ら教室などを開いて教える」方が、自分には向いていると感じていました。

そのためいちど音楽に集中しようと思い、途中で教員免許取得のための勉強はやめてしまいました。

結果、その後の大学生活は音楽に力を注ぐことができ、とても良かったと思っています。

大学卒業後、まだ音楽を勉強したいと考えていたので、そのまま東京に残ることにしました。

大学在学中は幸いなことに、生活費などの仕送りをもらっていましたが、卒業後は自分で費用を負担しなければなりなかったので、とりあえずアルバイトを探すことにしました。

どうせアルバイトをするなら、毎日が勉強になるようなところが良いと思い、学童保育でアルバイトをすることにしました。

これは「将来子どもたちにもドラムレッスンをしたり、音楽の楽しさを伝えたい。そのためには、子どものことをもっと理解する必要がある」という考えからでした。

しばらくは新しい生活やアルバイトに慣れることに精一杯で、あまり音楽には時間を使えていませんでした。

すこしずつ音楽に時間を使う余裕が出てきたので、積極的にジャムセッション(その場に集まった人たちと、その場で曲を決めて演奏すること)に行ったり、自分から演奏の仕事を探したりしていました。

しかし、そのような活動をすればするほど、自分の中で音楽が楽しいものではなくなっていきました。

すべての活動がそうだったわけではありませんが、それ以上に「ただ自己満足で音楽をしている人」「お金目的で音楽をしている人」と関わる機会が多くありました。

また、音楽を楽しむために演奏しているのではなく、人脈を増やすためや仕事に繋げるため、自身の技術向上のためにジャムセッションに通っていたり、仕事と割り切って音楽を演奏していることに自己嫌悪していました。

もちろん純粋に音楽を楽しむことができる機会もたくさんありましたが…

わたしにとって音楽とは、「楽しさを共有するもの」であり、「コミュニケーションをとるための手段」だと考えています。

プロの演奏家として活動することは、必ずしも自分が考えている音楽をできるわけではないのだということを思い知らされ、演奏で生計を立てるということは、自分の考えている音楽の方向性とは違うことがわかりました。

それからしばらくの間は、なるべく自分のやりたいことだけやるようにしてみました。

その中で、「自分のやりたいことは何か」「自分にできることは何か」を考えた結果、「ドラムを通して、音楽の楽しさや専門技術を伝えたい」と思い、ドラムレッスンを始めることにしました。

長くなりましたが、これがドラムレッスンを始めようと思った経緯です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です