上達するための3step


こんにちは、廣田です。

効率よく上達するために、以下の3つのことが大切だと考えています。

①練習(本番に向けて必要なことをできるようにする。反省点を踏まえての練習)
②本番(ライブや曲に合わせて練習、セッションに行くなど)
③反省(本番を経て良かった点、改善点を考える)

その他にも知識や意識など、上達するために大切なことは色々あると思いますが、基本的には上記3つの繰り返しが、上達するために大切なことだと考えています。

練習は本番を意識して、本番は自身が満足できるような演奏を、本番後はより良い演奏をするために何が必要か、という事を考えながら取り組むとさらに効果的です。

③反省については、多くの方が疎かにしがちな事だと思いますので、もしあまり考えていなかったという方は、この機会に考えていただければと思います^^

体験レッスンはこちら


正確に演奏するために – subdivision(細分化)


こんにちは、廣田です。

「演奏中にテンポが速くなったり、遅くなったりしてしまう」「決められたリズムを正確に叩けない」などの悩みがある時に、subdivisionという方法が役に立ちます。

subdivisionとは細分化という意味です。実際は音を出さない位置でも、16分音符や3連符などを常に感じていることで、音符1つ1つの位置を明確にし、正確に演奏できるようになる方法です。

subdivisionの方法ですが

①電子メトロノーム
②頭の中、口ずさむ

があります。

最初のうちは電子メトロノームで細分化の練習をすると良いでしょう。慣れてきたら実際に頭の中で感じたり、口ずさんでみてください。

②は本番でも使えるので、できるようにしておくと便利です。

以下の写真は参考例になります。上部が実際に演奏する音、下部がsubdivisionで感じる音です。

16分音符を感じていることで演奏すべき場所が分かり、正確に演奏できるようになります。

また、休符のある場所でも細かい音符を感じていることで、テンポが速くなったり遅くなったりするのを防ぐことができます。

他にもテンポが遅く、音数も少ない曲を演奏する際にも、細かく音符を感じていると演奏しやすくなります。

今回は16分音符でしたが、ジャズなら3連符、16分や3連符が混ざっている場合はその都度感じ方を変えるなど、演奏する際の音符に合わせてsubdivisionしてみてください^^

体験レッスンはこちら


寝ながらタイム感を鍛える方法


こんにちは、廣田です。

先週インフルエンザにかかってしまい、数日間しんどくて何もする気が起きませんでした。

しかし、そんな時でもタイム感を鍛えようと思えば鍛えられます。笑

ただし、頭痛がある場合や早く寝たい場合には、頭痛が酷くなったり寝られなくなる可能性があるので、おすすめはしません・・・

用意するものはメトロノームです。テンポが♩=60でもよければ、音がカチカチとなるアナログの目覚まし時計などでも大丈夫です。

16分音符編

①拍の頭でクリックを鳴らして、間を16分音符で感じる
‖●○○○|●○○○|●○○○|●○○○‖

②①のクリックの位置を16分音符1つ分ずらして、間を16分音符で感じる
‖○●○○|○●○○|○●○○|○●○○‖

③②のクリックの位置を、16分音符1つ分ずらして、間を16分音符で感じる
‖○○●○|○○●○|○○●○|○○●○‖

④③のクリックの位置を、16分音符1つ分ずらして、間を16分音符で感じる
‖○○○●|○○○●|○○○●|○○○●‖

3連符編

①拍の頭でクリックを鳴らして、間を3連符で感じる
‖●○○|●○○|●○○|●○○‖

②①のクリックの位置を3連符1つ分ずらして、間を3連符で感じる
‖○●○|○●○|○●○|○●○‖

③②のクリックの位置を、3連符1つ分ずらして、間を3連符で感じる
‖○○●|○○●|○○●|○○●‖

✳︎| |の間が四分音符1つ分、‖ ‖の間が1小節分です。
●の部分がクリックの位置、○の部分が自分で感じる位置です。

以上です。クリックを頭拍以外の場所で鳴らして練習することで、タイム感を鍛える良い練習になります。

普段歩いている時や、実際に楽器を使って練習をする際にも使えますので、試してみてください^^

体験レッスンはこちら


譜面を覚えるメリット


こんにちは、廣田です。

私は、お客さんの前で演奏する際、可能な限り譜面を覚えて演奏しています。理由は様々ですが、一番大きな理由はより良い音楽を、お客さんに伝えることができると考えているからです。

誰かの話を聞く際、紙に書かれた内容をずっと見て読んでいる場合と、紙に書かれた内容を覚えて、こちらを見て話をしている場合とでは、どちらが聞いていて、より話が伝わってくるでしょうか?

譜面を覚えて演奏することは、以下のメリットがあります。

・周りを見て演奏する余裕ができ、演者とコミュニケーションをとったり、お客さんの様子を見ることができる。
・周りの音を聴く余裕ができ、より良い音楽を創ることができる。
・譜面や譜面台をなくすことで、見た目も格好良く演奏できる。
・自分の演奏に集中できる。

ぜひ譜面を覚えて演奏してみてください。

ドラム体験レッスンはこちら